どちらも同じ仕組みです

「保険」も「共済」も、多くの人からお金をあつめて、万一アクシデントに遭った人がいたらその人はサポートを受けられるという仕組みです。

ただし、保険は不特定多数むけ営利事業なのに対し、共済は特定グループむけの相互扶助という面が強い

保険は、保険会社に対して不特定多数の人がお金を支払ってサポートしてもらう営利事業なのに対し、共済は、属性の似た人たちが集まってお互いにお金を出し合って助け合う(相互扶助)面が強いです。

SDGsの根本理念「誰一人取り残さない (leave no one behind)」とも一致

SNS全盛の現代においては、所属するコミュニティごとに必要とされる支えあいは異なります。Frichは、そうした一人ひとりのニーズに合わせてマーケットイン型のサポートを提供していきます。